読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

カラートリートメントってどんなもの?

【Q&A】トリートメント

Q・ドラッグストアなどで見かけるカラートリートメントって具体的にどんなものですか?

f:id:yoshida-masahiro:20161013153215j:plain

A・ヘアマニキュアと同じ部類のカラー剤(酸性カラー)ですが、1回塗っただけで染まるタイプではなく、何度も使うたびに徐々に染まっていく為、ヘアサロンで一般的に行うヘアカラー(アルカリカラー)と比べ髪に負担がかりませんが、色落ちが早いため、色をキープさせる上では週に2.3回は必要になるカラーリングです。 

メリットとデメリットがある

●メリット

髪の表面のみに染色するので、髪内部のダメージをさせないことから、「髪をケアする」と言う意味では効果的と言えます。カラートリートメントは手軽に使えるイメージですので、定期的に行うカラーリングのサポート的な要素として使うのは手軽で便利です。

●デメリット

すぐに色合いを出したいと言う方には向いていないでしょう、なかなか染まりづらいと言う太い髪質の人は、継続して使わなければ元の状態に戻ってしまう可能性が高いので色をキープしたい場合は週に2、3回染めなければならないという利便性に欠ける要素もあるのです。 

カラーリングをした事が無い方には不向き

一般的なカラーリングとは元々の黒いメラニン色素を抜く事(脱色)で明るくなるので色が染まります。カラートリートメントには色素を抜く力がないため、真っ黒の髪に染めても明るくならない上に求める色が出ません。なのでカラーリングで少しでも明るくなっている髪にしか効果的とは言えないのです。

是非、ご参考までに。