読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

タオルドライの正しい方法とは?

【Q&A】シャンプー

 Q・浴室から出た後、髪を乾かす前のタオルドライはどのように行うべきでしょうか?気をつけるべきポイントはありますか?

f:id:yoshida-masahiro:20161216093842j:plain

A・基本的にタオルドライは頭皮を始め、毛先まで水気がなくなるまでしっかり行う事をオススメします。髪の根元付近である頭皮はとくに水分が残りやすく乾きにくい部位ですので根元付近を中心にタオルドライして水分をとってあげて下さい。ただし行程が大切です。

頭皮は乾きにくく毛先は乾きやすい

髪は根元に比べ毛先の方が先に水分が逃げやすいため、乾燥しやすくダメージを受けやすいので、根元付近の水分を速やかにとって上げる事が大事になります。それをタオルドライの時点で意識する事が大切です。

タオルドライの方法

濡れた髪は非常にデリケートでタオルドライのしかたによってはダメージを受けてしまいます。タオルも布製とは言え強くこする事で摩擦がおこり、それが髪にとっては負担となる原因です。

特にロングヘアでカラーやパーマをされてる方の場合はダメージが進行しやすいため、毛先は強くこすらず押さえつけるようにし、せんさいに水分をふき取ることを意識して下さい。髪は日常のお手入れが正直に表れますので日頃の当たり前に行う髪の扱いこそ見直す事が必要ですし、その積み重ねで差が生まれるものです。

 是非ご参考までに。