読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

サロンのトリートメントと市販のトリートメントの違いとは?

Q・サロンで販売されてるトリートメントと、市販で販売されてるトリートメントはなぜ価格が大きく違うのですか?

f:id:yoshida-masahiro:20161011222634j:plain

 A・内容成分の違いと同時に髪や頭皮に与える効果が大きく違う所です。基本的にサロンで販売されているトリートメントは髪の主成分であるアミノ酸が豊富に含まれるため、安価に価格設定できない部分が大きいでしょう。

アミノ酸が豊富

サロンで販売されるトリートメントはヒトの身体にも必要なアミノ酸が多く、特に髪の補修する力が高いと言えます。そのアミノ酸の含まれる量が市販のモノと決定的な大きな違いを生むのです。

同じシリコンでも種類が違う

ヘアトリートメントは髪の手触りや指通りを良くする要素がありますが、それを叶えるためにサロン用でも市販のモノでも必ずシリコンが必要になります。

ただしシリコンも約100種類にもわたる量があるので当然ながら良いシリコンと悪いシリコンに分けられ、単純に値段と質が比例するのがヘアトリートメントの特徴でもあります。

パーソナルなもの選び

個々によって髪質やダメージレベルが違う中で、なかなかパーソナルに合うトリートメントをご自身で選べないと言う声を頂きます。

内容成分を把握しご自身の髪にあうモノを選ぶチカラをもつ事が大切ですが、髪質を良く理解している担当美容師に相談してみるのも一つの方法です。

是非、ご参考までに。