現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

白髪を改善するチロシン

白髪の原因の一つにメラニン色素の減少があげられています。そこで今回はメラニンの元になる栄養素チロシン(チロシナーゼ)について掘り下げていくと同時に、チロシンをいかに増やすか、いかに効率的に摂取できるかをお伝えしたいと思います。

f:id:yoshida-masahiro:20161012163010j:plain

 食事でチロシン摂取 

先ほども述べましたがチロシンを食べ物によって増やす事が可能です。チロシンの代表的な栄養素が、チーズと大豆です。

f:id:yoshida-masahiro:20161012163250j:plain

チーズ、大豆ともに100gあたり1000mg以上のチロシンが含まれ、含有量は他の食品よりも群を抜いています。また、加工食品では納豆より、豆腐の方がチロシンを多く含んでいる事が分かっています。

f:id:yoshida-masahiro:20161012163315j:plain

栄養学的にはチロシンは1日あたり、500mg〜2000mg程度摂取するのが望ましいとされています、ここで言うチーズや豆腐を50〜200g程摂取すれば十分という計算になります。

できれば白髪の改善には毎日2000mg程度とる事、すなわちチーズと豆腐を合わせて200g摂取する事で、大きく白髪の改善につとめられるでしょう。 

 チロシンを最大限に発揮

上記ではチロシンが多く含む食べ物と摂取量をご理解頂けたと思います。次に、チロシンの吸収を最大限に高めるには、ビタミンB6とビタミンB9を一緒にとるのが望ましいとされています。

ビタミンB6は【ニンニク、マグロ、レバー】に多く含まれ、B9は葉酸とよばれ、【貝類、レバー、枝豆、モロヘイヤ】などに多く含まれます。これらビタミンB6、B9と同時にとる事でチロシンの吸収を高めてくれるのです。 

 また、摂取するタイミングとしては就寝の2時間前くらいがベストです。なぜならチロシンは摂取後2時間で血中濃度のピークに達するからです。

摂取するタイミングも理解した上で生活に落としこんでいけると白髪を予防・改善する上で非常に効率的です。