現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

髪の広がりをトリートメントでおさえることは可能?

Q・年中、髪の広がりに悩まされています。トリートメントでボリュームダウン、または広がりを抑えてタイトなヘアスタイルにする事は可能でしょうか? 

f:id:yoshida-masahiro:20161027140204j:plain

A・髪の広がりをおさえる目的としてトリートメントをおこなう事は効果的です。トリートメントは髪の内部に水分をとどめてくれるので髪に重みが出ておさまりや、まとまりが良くなり結果的にボリュームダウンにつながります。

やり方で効果も変わる

年中、髪の広がりで悩まれているとの事でしたが、通常どおり浴室でトリートメントをしっかり行われてる方でもどうしても広がってしまうケースがあると思います。その場合70〜75℃の熱を加えトリートメント成分のしんとう率を高める事も対処方の一つです。こちらの記事を参考にしてみて下さい。 

yoshida.hairtreatment.jp 

ストレートアイロンでの対処

トリートメントで広がりの対処すると言っても限界があるのが正直なろころです。極端に強いクセがある場合はひと手間かかってしまいますがストレートアイロンでの処置が必要です。その際に使用するオススメのアイテムがこちらの記事でもご紹介したヘアビューロンです。

yoshida.hairtreatment.jp 

縮毛矯正で対処

ストレートアイロンの扱いがご自身でどうしてもできない、毎日の手間がとうしても生活スタイルに合わないと言う方はボリュームダウンの対処法として美容室での”縮毛矯正”の施術で対処する事をオススメします。

また縮毛矯正では、髪への負担がかかるメニューですので合わせてヘアケアに意識を向ける事がキレイな髪をいじする上ではとても大切な項目です。

是非、ご参考までに。