読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

ヘアオイルはアイロンで巻く前?それとも後?

【Q&A】トリートメント

Q・ヘアアイロンを使用する事がおおいのですが、オイルを髪につける際はヘアアイロンで巻く前と巻いた後、どちらが良いのでしょうか?

f:id:yoshida-masahiro:20161121172830j:plain

A・巻く前にオイルを付けるとヘアアイロンの熱でダメージにつながります。卵焼き現象とも呼ばれます。オイルを使用する際は、ヘアアイロンで巻いた後につけるようにしましょう。

卵焼き現象

ヘアオイルはです。そして髪の毛はタンパク質です。オイルをしいたタンパク質に100度以上の熱を加えたら、タンパク質ある髪が焼けてしまいます

いわゆる油をしいた上に卵(タンパク質)を落としてそれを熱して焼くようなもの。実際に髪も熱による変性がおきて固くなりますのでヘアアイロンで巻く直前にオイルをつけるのは控えましょう。

濡れた髪に対しての適量のヘアオイルは◎ あくまでヘアアイロンの直前の乾いてる髪へはお控え下さい。

カーリングローションは別物

商品の中には、ヘアアイロンで巻く前につけるカーリングローションやセットローション(オイルとは違い液体状)と呼ばれるものが存在します。 

この類いはオイルとは少し用途目的が違います。熱から髪を守る役割もありますが、よりカールをキープさせたりなど、あくまでもこれからヘアアイロンでつくるカールやウエーブのもちを良くさせるためのものと捉えて下さい。

こちらに関しては巻く前に使用して問題ありません。成分としては【加水分解ケラチン】などヘアオイルとは違った成分表記になってますので、迷った時はパッケージの後ろの主成分を確認してみるのも良いでしょう。

是非、ご参考までに。