読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

冬の紫外線(UV)による髪へのダメージとは?

【Q&A】トリートメント

Q・冬は夏にくらべ髪に対するUV対策のいしきが低くなりがちですが、やはり冬場でもUVによる髪のダメージってあるのでしょうか?

f:id:yoshida-masahiro:20161121204221j:plain

A・夏に比べ冬の方が紫外線は弱いのですが、季節問わず降り注いでいますので長時間外出しているときなどは冬場でも紫外線に対してのケアの意識は必要になります。また、白髪や薄毛の原因にもなるので注意が必要です。 

紫外線(UV)は白髪や薄毛の原因にも

紫外線は、キューティクルを傷つけパサつきの原因、また枝毛や切れ毛にしてしまいます。また髪の中のメラニン色素を分解し、黒色が茶色く焼けたような状態になってしまいます。

頭皮に関しては、肌の真皮層まで紫外線が届いてしまい、乾燥やたるみの原因になりかねません。頭皮の老化が進むことで薄毛や白髪といった症状を引き起こすので、健康的でキレイな髪をキープするには、頭皮の紫外線対策が必要になってきます。  

髪と頭皮を守る上での対策

冬でも紫外線から守る対策としては、帽子や日傘で髪と頭皮をまもることや、ヘアケア用のUVスプレーで保護してあげると良いでしょう。頭皮の紫外線対策としては定期的に分け目を変える事も効果的です。

夏に比べ紫外線が弱い冬でも、長時間外に外に出る日は紫外線を浴びてしまった髪はデリケートな状態ですので補修力の高いヘアケアが必要になります。

頭皮のケアに関しても基本的にお肌と同じです。保湿成分が含まれる頭皮用エッセンスでのアフターケアを行うと負担がやわらぎます。

是非、ご参考までに。