読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

カラーとパーマの順番どちらが先が良い?

施術【カラーリング】 施術【パーマ】

Q・近日中にパーマと毛先までのカラーリングを考えています。同じ日に長い時間美容室での滞在ができないため別の日に行う予定です。その場合どちらを先に行うべきでしょうか?

f:id:yoshida-masahiro:20161212202112j:plain

A・どちらも施術をご希望の場合は基本的に先にパーマを行う事をオススメいたします。なぜなら、先に毛先までカラーリングを行ってしまうと、その後で行うパーマの薬液が原因でカラーリングの色味が落てしまうからです。

早々に退色(特に毛先)した髪の状態になってしまうのは避けたいので先にパーマを行い、後日に毛先までのカラーリングを行う事をオススメします。

パーマ、カラーリングでの髪への負担

近年、科学の進歩でパーマやカラーリング髪へのダメージが緩和された”といわれている中でも、髪に対して薬剤”を使用するため、ある程度の負担がともなってしまうのは事実です。簡単に言うと

  • パーマはカールやウエーブのように髪の形を変るもの』
  • カラーリングは『髪に色を加えるもの』

と、髪に対してまったく異なった科学変化をおこしますので近日中にどちらとも行う場合はとくにデリケートに考えましょう。

パーマと毛先までカラーリングの間の期間は最低でも7日〜10日ほど空けることをオススメしています。これは極力髪に対する負担を軽減させるためです。

パーマ液はカラーの色味を落としてしまう

ご質問の答えでもお伝えした通り、先にカラーリングを行い、後にパーマを行う場合はパーマ液が原因でカラーリングの色味を落としてしまうという事があります。

これはパーマ液がキューティクルを開いてしまい、髪の内部に入ったカラーリングの色味を引っぱり出してしまうと言う所に原因があります。

このようにパーマと毛先までのカラーリングを行うさいは

  • 順序がある事
  • 数日間ひにちを空ける事(リタッチカラーの場合は別)

をこころがけてみて下さい。

是非、ご参考までに。