読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

ケンタッキーフライドチキンが髪や頭皮におよぼす影響とは?

栄養とヘアケア

Q・「クリスマスにケンタッキーフライドチキンを毎年注文していますが栄養学を学んだ美容師さんの視点から見るとケンタッキーのチキンは髪や頭皮にとって何か影響があるのでしょうか?」

f:id:yoshida-masahiro:20161223224823j:plain

A・「ケンタッキーフライドチキンは、鶏肉ですので高タンパク質で、糖質は少ないものの

  • 塩分
  • 脂質
  • トランス脂肪酸

が含まれ、それらはもちろん髪や頭皮にとって、摂取しすぎる事でデメリットになってしまう事はが考えられます!」

ケンタッキーフライドチキンの栄養分析

まず、髪や頭皮の影響にせまる前にチキンの分析をしていきましょう。

【オリジナルチキン 1個平均】

エネルギー:237kcal

たんぱく質:18.3g

脂質:14.7g

炭水化物:7.9g

灰分:2.4g 

ナトリウム:668 mg

カリウム:234 mg

カルシウム:28 mg

リン:200 mg

鉄:0.6mg

食物繊維:0.3g

食塩:1.7g

(ケンタッキーフライドチキンホームページ参照

栄養成分表 2016年12月19日)

気になるカロリーに関しては

  • ケンタッキーフライドチキン1個 …237kal
  • ご飯茶碗1杯…250kal
  • ハンバーガー1個…260kal

 ご覧の通り、ご飯や、ハンバーガーにくらべても1個あたり多少の差はあるにせよ決して高カロリーとは言えません。また、炭水化物に関しては

  • ケンタッキーフライドチキン1個…7.9g
  • ご飯茶碗1杯…56.0g
  • ハンバーガー1個…30.0g

 と、糖質に関してもご飯やハンバーガー1個あたりと比べてかなり少ないのが分かります。ここまではカロリーも糖質も思った以上に高くない結果になっている事が証明できます。次に塩分と脂質に関してみて行きましょう。

塩分、脂質の過剰摂取が髪や頭皮に悪影響

【塩分】

塩分の過剰摂取は、へアサイクル(髪の生え変わるサイクル)を正しい周期にできなくなり、毛根内の細胞に負担がかかる事が考えられ、抜け毛・薄毛が進行しやすくなります。

・ナトリウム(食塩相当量)の1日の摂取量について、高血圧予防の観点から、男女とも値を低めに変更。

18歳以上男性:2010年版 9.0g/未満 → 2015年版8.0g/未満

18歳以上女性:2010年版 7.5g/未満 → 2015年版7.0g/未満

(厚生労働省 より引用)

2015年以降の厚生労働省が定めた日本人18歳以上の塩分1日の摂取量は

  • 男性で8g以下
  • 女性で7g以下

となっています。フライドチキンを1個摂取するだけで1.7gと1日の摂取量の20%以上もとる事になるのでこれは塩分が多いと言えます。

【脂質】

ケンタッキーフライドチキンにも使用されるトランス脂肪酸をご存知でしょうか?健康へはもちろん頭皮や髪への悪影響も十分考えられます。

日本ケンタッキーフライドチキンでは2007年10月にトランス脂肪酸の含有量を半減させた調理油に切り替え、今後も含有量をゼロにする油の研究を進めていくと発表している。(Wikipediaより引用)

このように、今となっては安全な対策はとられ始めているものの、日本では表示義務や含有量を表示する決まりがないのです。これは欧米人に比べ

”日本人はあまりトランス脂肪酸を摂取していない”

という仮説だけのあいまいな研究結果で判断されている危険な事実なのでご自身での摂取をコントロールしなければならないのです。

また、トランス脂肪酸が頭皮や髪にとって及ぼす影響に関してはこちらの記事を参考にしてみて下さい。 

 ケンタッキーフライドチキンは糖質は少なく、血糖値も上がりにくいですが塩分トランス脂肪酸など、注意しなければならない成分が含まれています。 

健康面でも、高血圧や、脳卒中、腎疾患、心疾患などになるおそれがありますのであくまでも、週に何度も食べたり一回に食べ過ぎは禁物です。

クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べる際は髪や頭皮のタメにほどほどに。また他の食材もバランス良く食べて楽しく過ごして下さい。

是非、ご参考までに。