読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

銀座・青山で培ったヘアケア法・髪のトリートメントのノウハウを現役美容師がアドバイス

MENU

美容室でのトイレに行くべきタイミングについて

Q・「美容室での滞在時間が3時間以上かかる場合など、とても長いケースがありますが、化粧室に行くタイミングをなかなか言い出せません。ぶっちゃけどのタイミングが理想なんでしょうか?」

f:id:yoshida-masahiro:20170116142517j:plain

A・「気を使わせてしまい申し訳ございません!!タイミングを気にせずおっしゃって頂ければ基本的には行きたいタイミングでご案内いたします! 

しかし、どうしても今はまずいタイミングというのもごく稀にあるのも事実です。」

基本的には行きたいタイミングで大丈夫

美容室では、お客様にとって居心地の良さをとても大切にしています。お化粧室へ行くのを我慢させてしまう事はお客様にとってとても負担になる事です。

お客様の中にはこちら側に気をつかい、行くのを我慢するケースもあるのではないかと感じます。

本来は、美容室でお席の移動のタイミングなどでこちら側がお声をかけ確認するべきですが、遠慮なくスタッフに申し付けて問題ありません!

トイレを避けて頂きたいタイミング

基本的には行きたいタイミングでご案内いたしますが、避けて頂きたいタイミングとは

”縮毛矯正の1剤(1番初めにつける薬)を付けて放置している間のタイミング”です。

このタイミングはお化粧室へのご案内が難しくなるケースがおおいにあるでしょう。なぜなら縮毛矯正の1剤は放置タイム(1剤をつけて流すまでの時間)をあやまると髪のダメージにつながってしまうからです。

縮毛矯正の1剤の放置タイムは数秒単位で髪のダメージにつながるほどセンシティブなものという事をご理解いただき、なるべくそのタイミングでのトイレは避けた方が髪のためなのです。

かりに担当者がきめた放置タイムよりも長い時間、お化粧室に滞在する事になると髪のダメージにつながり、結果的に満足いく仕上がりにならない可能性が高くなるのです。